ポイントで買い物ができる!?Kyashカードのメリット・デメリットを解説

ポイントで買い物ができる!?Kyashカードのメリット・デメリットを解説ポイント投資

最近、ポイントサイトの交換先に『Kyash』ってよく見るけどいいのかな?

評判がいいなら使ってみたい!

今回はこのような悩みにお答えします。

先に結論から言うと、『Kyash』はクレジットカードがなくても使えるデビットカードです。

Kyashのメリット・デメリット

  • チャージした分は引き出せない
  • 紛失時の保険がない
  • 審査なしでも使える
  • ポイントなどチャージ方法が豊富
  • 支払いの1%が還元
  • アプリで制限をかけれる

私はポイントサイトで貯めたポイントをKyashに交換し、ネットショッピングで活用しています。

本記事では、ポイントサイトからもチャージができる『Kyash』の評判や実際に使って分かったメリット・デメリットを紹介していきます。

Kyashが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

\ 高校生でも作れる /
Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

Kyashとは?

Kyashとは?

Kyashは、チャージするとVisaの加盟店で使えるデビットカード。

後で詳しく説明しますが、Kyashはカードの種類やチャージ方法が豊富なのが魅力。

ポイントサイトで貯めたポイントをチャージできるので、0円で買い物が出来ちゃうかも。

オトクに買い物がしたい方には、見逃せないカードです。

Kyashカードの種類

Kyashカードの種類

Kyashでは、自分の使い方に合ったカードが作れるのも魅力。

Kyashで発行できるカード

  1. Kyash Card
  2. Kyash Card Lite
  3. Kyash Card Virtual

順番にそれぞれの特徴を説明していきます。

❶Kyash Card

Kyash Card
1回の限度額30万円
1か月の限度額100万
発行手数料900円
ポイント還元率1%
利用可能な場所国内:実店舗 〇
国外:実店舗 〇
本人確認必要

『Kyash Card』は、国内でも海外でも自由に使いたい方におすすめ。

サインレス・タッチ決済が唯一できるので、買い物がスムーズにできます。

ストレスなく買い物ができるので、お買い物の相棒になりそうですね。

❷Kyash Card Lite

Kyash Card Lite
1回の限度額5万円
1か月の限度額12万
発行手数料300円
ポイント還元率0.5%
利用可能な場所国内:実店舗 〇
国外:オンラインのみ
本人確認不要

『Kyash Card Lite』は、国内の実店舗での決済に使いたい方におすすめ。

本人確認が必要ないので、クレジットカードが使えない方でもOKです。

チャージ額だけ使えるようにしておけば、使い過ぎの心配もないですね。

❸Kyash Card Virtual

Kyash Card Virtual
1回の限度額3万円
※本人確認なし 5,000円
1か月の限度額12万
※本人確認なし 2万円
発行手数料無料
ポイント還元率0.5%
利用可能な場所国内:オンラインのみ
国外:オンラインのみ
本人確認不要

『Kyash Card Virtual』はネットショッピングでの買い物で使いたい方におすすめ。

会員登録だけで、チャージすればすぐに決済ができます。

「Apple Pay」や「Google Pay」にカードを登録すれば、QUICPay+対応の実店舗でも使えますよ。

年齢制限もないので、コロナ禍で広まったオンライン決済をきっかけに作る方も。

ここが残念!Kyashのデメリット3つ

ここが残念!Kyashのデメリット3つ

まずは、私が気になったKyashのデメリットを紹介していきます。

Kyashのデメリット

  1. チャージした分は引き出せない
  2. 紛失時の保険がない
  3. 毎月の支払いには使えない

順番に説明していきます。

デメリット❶:チャージした分は引き出せない

デメリットの1つは、チャージした分は引き出せないこと。

端数が余っても使い切るにはチャージが必要なので、残高を0円にするのは難しいです。

でも、残高分のamazonギフト券を購入すれば、残高0に出来る裏技もありますよ。

本人確認をしたアカウントは、銀行口座への入出金が可能になりました。(9/10追記)

本人確認方法は次の2つ。

本人確認方法

  • Cash Cardを発行して有効化する
  • 銀行口座と連携させる

ただし、出金できるのは銀行口座や現金で入金された残高のみなので注意しましょう。

デメリット❷:紛失時の保険がない

一番のデメリットは、カード紛失時の保険がないこと。

保険はありませんが、カードとアプリが連動しているので、紛失時にはアプリで利用制限をすれば他人に利用されることはありません。

カードを無くした際には、すぐに再発行手続きを行いましょう。

本人確認が完了したアカウントを対象に、不正補償制度が始まりました。(9/10追記)

不正利用から10日以内であれば、補償申請が出せます。

詳しくは不正補償制度についてをご覧ください。

ただし、補償されてから1年以内は対象外になるので注意しましょう。

万が一の場合に備えて、使わない時はアプリからカードをロックしておきましょう。

デメリット❸:毎月の支払いには使えない

Kyashでは、光熱費などの毎月の支払いには利用できません。

Kyashで支払いできないもの

  1. 毎月の継続的な支払い
  2. 交通費や宿泊費
  3. 電子マネーの購入
  4. 3Dセキュア導入のサイト

一時的な買い物の支払いのみの決済となるので、注意しましょう。

MEMO
Kyashをスマホ(Apple Pay/Google Pay)に登録すると、QUICPay対応の店舗で利用できます。
利用可能な店舗は、QUICPayのホームページをご覧ください。

使って納得!Kyashのメリット5つ

使って分かった!ビトカツのメリット5つ

続いて、Kyashのメリットを紹介していきます。

Kyashのメリット

  1. 審査なしで使える
  2. ポイントをチャージできる
  3. クレジットカードがなくてもOK
  4. 支払いの1%を還元
  5. アプリで利用制限をかけれる

順番に見ていきましょう。

メリット❶:審査なしで使える

Kyashの最大のメリットは、審査なしで使えること。

本人確認者類があれば、実店舗でも使えるKyash Cardでクレジットカード同様の使い方ができます。

たまご
たまご

チャージ方式だから、クレジットカードを使いすぎちゃう方におすすめ!

メリット❷:ポイントをチャージできる

Kyashはチャージ方法が豊富ですが、その中でもポイントをチャージできるのが魅力的。

ポイントサイトの交換先にKyashを選ぶだけで、簡単にチャージができます。

ポイントサイトで現金への交換には時間がかかりますが、Kyashではすぐに交換できます。

『ワラウ』と『ポイントインカム』はポイントが貯まりやすいのでおすすめ。

≫≫ワラウの評判を見る

≫≫ポイントインカムの評判を見る

ポイントでチャージすれば、損せず使いたい時にお買い物ができちゃいますよ。

メリット❸:クレジットカードがなくてもOK

Kyashでは、チャージする方法が豊富。

Kyashへのチャージ方法

  • セブンATM
  • 銀行からの振り込み
  • ポイントサイトからの交換
  • クレジットカードからのチャージ

ATMや銀行からもチャージできるので、使いすぎずに済みますよ。

メリット❹:支払いの1%を還元

Kyash Cardでは、支払い金額の1%がKyashポイントとして還元されます。

Kyashポイントの還元率
ポイント還元率
Kyash Card1%
Kyash Card Lite0.5%
Kyash Card Virtual0.5%

Kyashポイントは、1ポイント1円としてKyashにチャージできます。

メリット❺:アプリで利用制限をかけれる

Kyashのアプリでは、カードを使わない時にはロックをかけれます。

もしカードを紛失した時でも、すぐにアプリからロックができるので安心です。

Kyashユーザーの評判・口コミ

ビトカツユーザーの評判・口コミ

ここからはKyashを使っている方の評判を紹介していきます。

Kyashの悪い評判・口コミ

Twitterでは『QUICPayの決済が遅い』『月額のサービスで使えない』という声がほとんどでした。

使えないサービスがあったりとデビットカードならではの欠点が目立つ印象です。

たまご
たまご

使いたいサービスで決済できるか申し込む前に確認しておきましょ!

Kyashの良い評判・口コミ

Kyashのいい評判では『高校生でも作れる』『カードと連携してポイント2重取りができる』という声が多く見られました。

クレジットカードを作れない方でもキャッシュレス決済ができるのが嬉しいですね。

上手く使えばクレジットカードより得するかも。

Kyashの登録方法

Kyashの登録方法

Kyashの登録方法はかなり簡単です。

画像付きで説明していきますね。

❶アプリのダウンロード

まずは、下記リンクからアプリをダウンロードしましょう。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

ダウンロードできたら、アプリを開いて『Kyashを始める』をタップ。

❷必要な情報の入力

次に、『名前』と『メールアドレス』、『パスワード』、『ユーザー名』を入力します。

入力内容に間違いがないことを確認して、『次へ』をタップ。

入力した名前に間違いがないか確認されるので、合っていれば『はい』をタップしましょう。

続いて、タブをタップして生まれ年を選択し、『次へ』をタップ。

次に電話番号を入力し、『登録』をタップ。

入力した電話番号にSMSが届くので、届いた認証番号を入力

❸バーチャルカードを発行

発行するカードの選択画面になりますが、まずはバーチャルカードを申し込みましょう。

発行画面が表示されれば、ネット専用のカードは発行完了です。

❹メールアドレスの認証

最後に、入力したメールアドレスに認証メールが届いているので、リンクをタップ。

これで登録は完了です。

Kyashでお得に買い物をしよう!

今回はKyashの評判や実際に使って分かったメリット・デメリットを紹介しました。

Kyashのデメリット

  1. チャージした分は引き出せない
  2. 紛失時の保険がない
  3. 毎月の支払いには使えない

Kyashのメリット

  1. 審査なしで使える
  2. ポイントをチャージできる
  3. クレジットカードがなくてもOK
  4. 支払いの1%を還元
  5. アプリで利用制限をかけれる

Kyashはクレジットカードがなくても使えるので、使い過ぎが心配な方も安心ですよ。

クレジットカードも使っていますが、貯まったKyashポイントもチャージして使えるのでお得に使えますよ。

コロナ禍でキャッシュレス化がどんどん進む今、Kyashを上手く使いましょ!

Kyashを使ってみようと思うきっかけをこの記事で作れたら嬉しいです。

\ ポイントサイトからチャージできる /
Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました