1日3分でOK!?「CASHMART」の口コミや使ってみた感想を紹介

1日3分でOK!?「CASHMART」の口コミや使ってみた感想を紹介ポイント投資

いろんな写真を買い取ってくれる「CASHMART」ってアプリが気になってるんだけど…

アプリレビュー欄を詳しく見ると、評価低いのが目立ってるよね。

使ってる人の口コミとかメリット・デメリットをしっかり知りたい!

今回はこのような悩みにお答えします。

先に結論から言うと、「CASHMART」は1回限定の買取を除けば素晴らしいアプリ

いろいろなミッションがあるので、気づいた時にポイ活できますよ。

本記事では、CASHMARTの口コミや実際に使って分かったメリット・デメリットを紹介していきます。

CASHMARTが気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

\ 日常の写真がお金になる時代 /
CASHMART-レシート撮影でお金がもらえる買取アプリ

CASHMART-レシート撮影でお金がもらえる買取アプリ

CASHMART, Inc.無料posted withアプリーチ

画像を買い取ってくれるアプリ「CASHMART」を5ヶ月使った感想

レシートアプリ「ONE」を1週間使った感想

CASHMARTを使い始めて5ヶ月、レシートとガチャを主にやっていましたが、もう少し買取回数が多ければいいのにという印象です。

レシートは1日1枚の買取のみ、ガチャは最低3回で1.5円というところ。

たまご
たまご

正直、レシートの買取回数は最低でも1日に3回は欲しいですね。

「ジャンボレシート」というキャンペーンが出現すると、動画を見てからレシートを撮影するだけで最大3枚レシートを買い取ってくれます。

ジャンボレシートがない限り、他のレシートアプリに比べて買取枚数が少ないのであまりおすすめしませんが、他のレシートアプリと組み合わせて使うといいでしょう

レシートの買取は、「ONE」や「レシーカ」など他のレシートアプリが買取枚数が多いです。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

たまご
たまご

レシートアプリのルーティンに組み込むといいよ!

画像を買い取ってくれるアプリ「CASHMART」とは?

レシートアプリ「ONE」とは?

まずは、そもそもレシートアプリ「CASHMART」とは何か、解説していきます。

CASHMARTは、送信した画像を買い取ってくれるアプリ

画像は基本的に1円で買い取ってもらえます。

たまに開催される「ジャンボレシート」でレシート画像を送ったり、「ガチャ」を回すことでもお金を貯めれます。

ポイントではなく現金で買い取ってくれるので、わざわざポイント交換サイトを使わなくていいのが嬉しいポイントですね。

画像を買い取ってもらえる理由

レシートを買い取ってもらえる理由

画像を買い取ってもらえる理由は、写真の情報から読み取れる情報を「CASHMART」が買い取って、画像から市場調査をしているから。

数々の大手クライアント様とプロジェクトを実施しております。

住宅設備メーカー様、家電メーカー様、食品メーカー様のリサーチや販促にご協力させていただいております。

わたしたちの活動(株式会社CASHMART)

実際にCASHMARTのホームページにも記載されていて、市場調査のためのアプリだということがわかります。

ミッションにある家のものなど写真を撮って「CASHMART」で送信することで、未来の私たちがより良い商品を使えるきっかけに。

たまご
たまご

ポイ活しながら、より良い商品が使えるきっかけになるって最高!

画像買取アプリ「CASHMART」ユーザーの評判・口コミ

レシートアプリ「ONE」ユーザーの評判・口コミ

続いて、CASHMARTを利用している方のリアルな評判を紹介していきます。

CASHMARTの悪い評判・口コミ

Twitterでは『1円しか当たらない』『交換先が少ない』『問い合わせ先が曖昧』という声がありました。

また、使い始めは年収などのプライベートな情報に答えないと、1円すらもらえません。

たまご
たまご

私も実際不安でしたが、数回だったのでなんとか乗り越えました!

問い合わせ先が曖昧なのはアプリ内でも同様なので、分かりやすいようにしっかりと対応してほしいですね。

CASHMARTの良い評判・口コミ

CASHMARTのいい評判では『1円以上当たった』『初心者でも始めやすい』という声がありました。

あまりいい評判を見つけられませんでしたが、ジャンボくじで1円以上当たるのが分かるとワクワクしますね。

また、画像を撮るだけなので、初心者でも始めやすいというのも嬉しいポイント。

たまご
たまご

ジャンボくじで1等が当たったら凄く嬉しいねっ!

画像買取アプリ「CASHMART」のデメリット

レシートアプリ「ONE」のデメリット

続いて、実際に使って気になった「CASHMART」のデメリットを紹介していきます。

CASHMARTのデメリット

  1. レシートは全体の写真を撮るので、個人情報に注意
  2. 1日1回と達成できる回数が他のアプリより少ない
  3. ガチャで当たる金額が少ない
  4. 交換先の種類が少ない

順番に説明していきます。

デメリット❶:レシートは全体の写真を撮るので、個人情報に注意

CASHMARTのレシートミッションではレシート全体を撮影します。

そのため、個人情報を隠したり、撮影するレシートの選別が必要です。

他のレシートアプリとのチェック項目の違いは以下の通り。

CODE
レシーカ
楽天Pasha
CASHMART
  • 小売店名
  • 購入店舗
  • 購入日時
  • 商品名
  • 購入数
  • 合計金額
  • レシート全体

CODEなどのレシートアプリは、チェックしている項目がはっきりしていますが、CASHMARTに関しては不明。

レシートには、購入店のレジ係の方の名前が入っている場合も多いので、隠すなどの配慮を忘れないようにしましょう。

デメリット❷:1日1回と達成できる回数が他のアプリより少ない

CASHMARTの致命的なデメリットの1つは、どんなミッションでも1日1回までと少なめ。

例外として、「ジャンボ宝くじ」や「ジャンボレシート」といった「ジャンボ」が付くミッションは1日3回広告動画を見ることで参加できます

「ジャンボ宝くじ」は毎日参加できますが、「ジャンボレシート」は不定期開催なので、通知をオンにして参加を忘れないようにしましょう。

デメリット❸:ガチャで当たる金額が少ない

悪い口コミの中にも多かったですが、ガチャで「4等の1円」以外はほぼ当たりません

コツコツ毎日続けていけば少しずつ貯まっていきますが、4等以外を当てない限り、商品交換まで辿り着くのにかなり時間がかかります。

私は1回だけ1等が当たりましたが、それ以外は当たっていません。

デメリット❹:交換先の種類が少ない

CASHMARTの致命的なデメリット2つ目は、だいぶ増えましたが交換先の種類が少ないこと。

CASHMARTの交換先
  1. 目玉商品
  2. Amazonギフト券
  3. GooglePlayギフトコード
  4. ミスタードーナツ ギフトチケット
  5. ドトール イーギフト
  6. サーティワン ギフト券
  7. タリーズデジタルギフト
  8. Coke-Onドリンクギフト

かなり交換先は増えましたが、理想を言えば「現金」や「他のポイント」への交換が欲しいところ。

目玉商品にはかなりの金額ですが、「Dysonのドライヤー」や「任天堂Switch」などがあるので、気になる方はチェックをしてみてください。

画像買取アプリ「CASHMART」のメリット

レシートアプリ「ONE」のメリット

続いて、使って良かった「CASHMART」のメリットを紹介していきます。

CASHMARTのメリット

  1. レシート以外の買取もしてくれる
  2. 「身近なもの」の写真を撮るだけでもお金が貰える
  3. レシートジャンボなどイベントは通知で教えてくれる

順番に見ていきましょう。

メリット❶:レシート以外の買取もしてくれる

「CASHMART」はレシート画像の買取やガチャがメインですが、「ランチの写真」などを買い取ってくれるのが他のアプリにはないメリット。

ある日の買取項目ですが、下記の写真のように買取してもらえる画像が豊富です。

毎日同じミッションではないので、たまたまミッションがなくて残念がる方もいるほど。

普段の生活の中の一部を撮影するだけでお金に変わるのは嬉しいですね。

たまご
たまご

「家にあるもの」の画像がお金になるってすごい世の中になったね!

メリット❷:「身近なもの」の写真を撮るだけでもお金が貰える

CASHMARTのメリットの1つは、「スマホの待ち受け画面」や「ドライヤー」など身近画像も買い取りしてくれるところ。

「ONE」もレシート以外の画像を買取していますが、書類など個人情報が含まれるものが多いのでチャレンジしにくいところ。

その点、CASHMARTは身近なものから始められるので、ハードルが低くておすすめ

たまご
たまご

綺麗な空の写真を撮って送るだけでお金になる時代なんだね。

メリット❸:レシートジャンボなどイベントは通知で教えてくれる

ジャンボ系のイベントは、通知で教えてくれるのが「CASHMART」のメリット。

不定期開催のイベントなので、通知がくることで参加忘れを防げるのがありがたいですね。

たまご
たまご

通知が来たら、レシートの写真を急いで撮ってます!

画像買取アプリ「CASHMART」の登録方法

レシートアプリ「ONE」の登録方法

CASHMARTについて分かったところで、早速「CASHMART」の登録をしていきましょう。

まずは、下記リンクからアプリをダウンロードしましょう。

CASHMART-レシート撮影でお金がもらえる買取アプリ

CASHMART-レシート撮影でお金がもらえる買取アプリ

CASHMART, Inc.無料posted withアプリーチ

アプリを立ち上げるとアプリの説明が表示されるので、「次へ」をタップ。

次のアプリ説明で「次へ」をタップします。

続いて利用規約が表示されるので、同意をすれば登録は完了です。

画像買取アプリ「CASHMART」の注意点

レシートアプリ「ONE」の注意点

レシートアプリ「CASHMART」を使う上で抑えておきたい注意点を紹介します。

CASHMARTの注意点

  1. 問い合わせ方法に注意
  2. ウォレットの有効期限は最終利用日から6か月
  3. 登録するレシートは選んだ方が良い

順番に見ていきましょう。

注意点❶:問い合わせ方法に注意

CASHMARTの問い合わせ方法が3つありですが、本当の問い合わせ先か疑ってしまうほど。

CASHMARTの問い合わせ先
  1. 公式twitter
  2. アプリ内から開けるLINE
  3. メールで送信

アプリ内から問い合わせを開くとLINEの案内の下にメールアドレスが出てくるので、一番定番のメールアドレスでの問い合わせが安心できるかもしれません。

問い合わせの方法は下記のタブをタップしてご確認ください。

❶アプリの右下にある「人型のボタン」をタップ。

❷赤枠で囲った「お問い合わせ」をタップします。

❸画面が変わるので、赤線を引いた「LINE」か「メールアドレス」を選択してお問合せをする。

注意点❷:ウォレットの有効期限は最終利用日から6か月

CASHMARTのウォレット残高の有効期限は、最後に残高を獲得した日から6ヶ月です。

ウォレットとは?
ウォレットは、レシートを買い取ってもらったお金が保管されているアプリ上の口座。

ユーザーは、チケット交換について、第2条第4項に基づいて自身が最後にアカウント残高を受け取った日から6ヶ月以内(以下、「期限」といいます。)に行う必要があります。期限を過ぎた場合、ユーザーのアカウント残高は消滅します。

利用規約・プライバシーポリシー 第8条(チケット交換)5

利用規約にも書いてありますが、期限を過ぎると残高が消滅してしまうため、ルーティンにして使うといいですね。

注意点❸:登録するレシートは選んだ方が良い

CASHMARTでレシートを撮影する場合は全体を撮る必要があります。

自分の個人情報を守るために、登録するレシートは選びましょう。

レシートによっては、クレジットカードの名義や車のナンバーなどが記載されているものがあります。

万が一、情報が漏れた時のことを考えて、レシートを選んで登録すれば安心して利用ができますよ。

CASHMARTで何気ない日常の写真をお金に変えよう!

今回はCASHMARTの口コミや実際に使って分かったメリット・デメリット・登録方法を紹介しました。

CASHMARTの口コミ

  1. 交換先が少ない
  2. 問い合わせ先が曖昧
  3. 1円〜1000円まで当たる金額は様々
  4. 初心者でも始めやすい

CASHMARTのデメリット

  1. レシートは全体の写真を撮るので、個人情報に注意
  2. 1日1回と達成できる回数が他のアプリより少ない
  3. ガチャで当たる金額が少ない
  4. 交換先の種類が少ない

CASHMARTのメリット

  1. レシート以外の買取もしてくれる
  2. 「身近なもの」の写真を撮るだけでもお金が貰える
  3. レシートジャンボなどイベントは通知で教えてくれる

CASHMARTはレシートや日常のものを撮影するだけでお金として買い取ってくれるので、お小遣い稼ぎにピッタリ。

身近なものがお金になるので、CASHMARTを使うだけ節約に繋がりますよ。

ゴミになるレシートや何気ない写真を撮影してお小遣い稼ぎをしましょう。

たまご
たまご

他のレシートアプリと併用すればさらに節約できるよ!

\ レシートは捨てる前に買い取ってもらおう /
CASHMART-レシート撮影でお金がもらえる買取アプリ

CASHMART-レシート撮影でお金がもらえる買取アプリ

CASHMART, Inc.無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました